8)心の力によるヒーリング(マインド・キュアー)

「心の力によるヒーリング」と「スピリチュアル・ヒーリング」の共通性

ここで取り上げる「心の力によるヒーリング(マインド・キュアー)」は、正式にはスピリチュアル・ヒーリングとは言えません。なぜならスピリチュアル・ヒーリングには治療を行うヒーラーや霊界の医者(霊医)が欠かせませんが、この「心の力によるヒーリング」は、ヒーラーや霊医がいなくても成立するからです。

スピリチュアル・ヒーリングは、ヒーラーを通して患者の外部から霊的エネルギーを与えて病気を癒す治療法です。「心の力によるヒーリング」は、この定義には一致しません。それにもかかわらず、スピリチュアル・ヒーリングのような奇跡的な治癒がしばしば生じるため、「心の力によるヒーリング」をスピリチュアル・ヒーリングの一種と考える人もいます。不思議な治療法・奇跡的な治療法という点では両者は共通していますが、スピリチュアル・ヒーリングと「心の力によるヒーリング」では、奇跡的な治癒を発生させる治療メカニズムが全く異なります両者の違いについてはこの後で詳しく述べますが、結論を言えば、スピリチュアル・ヒーリングは「霊的エネルギー」を与えることで病気を治し、心の力によるヒーリング」は「心の力」を引き出すことで病気を癒します)

スピリチュアル・ヒーリングは、現代の主流医学である西洋医学とは全く異なるメカニズムで患者の肉体を癒します。「心の力によるヒーリング」も唯物医学とは正反対の方法で患者の肉体を癒やします。そのため両者は、現代西洋医学から敵対視され、軽蔑されてきました。その一方で、西洋医学では治らなかった多くの病気が、スピリチュアル・ヒーリングと「心の力によるヒーリング」によって次々と癒されています。こうした点でも両者には共通性があります。

「スピリチュアル・ヒーリング」と「心の力によるヒーリング」は、やがて地球上の医学の中心を占めるようになっていくものと思われます。すでに近未来の医学と言われるホリスティック医学の中では、重要な立場に立とうとしています。

ここでは、スピリチュアル・ヒーリングをより深く理解するために、「心の力によるヒーリング」について学びます。

現代医学の中で注目され始めた「心の力」――心身相関医学の確立とその限界

現代医学は肉体だけを医学の対象とし、「心」の存在を無視あるいは軽視します。人間は多くの構成要素から成り立っているにもかかわらず、その一部分(肉体)だけを対象とする現代医学には、さまざまな問題が発生しています。現代西洋医学の特徴を一言で言うなら“唯物医学”ということになります。その唯物医学では、「心」とは物質である「脳(肉体)」の産物にすぎないと考えます。物質の産物である心が、物体(肉体)に影響を与えるようなことはないとします。このため心理学は長い間、正式な科学として認知されない立場に置かれてきました。精神医学も現代医学の中で、アウトサイダー的な存在と見なされてきました。

そうした心を軽視する医学においても、現実には心が肉体に及ぼす影響の大きさを無視できなくなりました。そして西洋医学の一分野として「心身相関医学」が確立されることになります。心身相関とは、「心」と「肉体」が相互に関係し影響を及ぼし合うということです。心身相関医学は、心が肉体と密接な関係にあることを正式に認めた医学です。これによって“唯物主義”一辺倒だった現代西洋医学に、大きな変化と進歩を遂げるための道筋が見えてきました。霊的観点から見るなら、心身医学の確立は大きな医学的進化と言えます。さらに現代では、心身医学に精神と神経と免疫系の3者の関係を探求する「精神神経免疫学」という新しい分野が生まれ、有意義な医学的知見が次々と示されるようになっています。

ただ、現在の心身相関医学には、重要な問題が未解決のままに残されています。それは「心」の正体と本質について何も分かっていないということです。「心の働き」については少しずつ分かるようになってきたものの、「心」とはいったい何なのかが、謎のままとなっています。「心」は果たして脳の産物なのか、それとも脳とは全く別の存在宗教が言ってきたような霊魂)なのかという根本的な問題についての結論が出ていません。もっともこれは医学に限ってのことではなく、宗教・思想・哲学においても同様で、いまだに万人が納得して受け入れられるような共通の見解には至っていません。

心身相関医学では、心と肉体の間に何らかの関係があることは分かっていても、肝心の「心」とは何かが分からないため明瞭な説明ができず、足踏み状態にあります。心理学は一応、科学の仲間入りを果たしたものの、将来的に発展する兆しが見えません。「心」が分からないところで心の病気を治療しようとしても、結局は的外れな対処しかできません。心理学も心身相関医学も、「心」それ自体が分からないために大きな壁に直面しているのです。

体験的に知られてきた「心の力」

本来「心の力」は、医学の強力な補助手段になり得るものなのですが、現代医学はその偏狭な姿勢のために大きな可能性を捨て去ってきました。そうした中、現代医学は近年やっと「心の力」「心の影響力」を認識するようになり、心身相関医学という新しい分野が確立されることになりました。しかし「心の力」は、外部の世界では昔から当たり前のものとして誰もが知っていました。伝統的な民間医学や宗教の中では、「心の力」は体験的に認識され利用されてきたのです。現代医学は自らを近代科学の一員として位置づけし、唯物主義に立脚することで、まさに“裸の王様”となっていたのです。

東洋では昔から「病は気から」ということわざがあり、病気を引き起こす大きな原因は心であることが強調されてきました。そして肉体の病気を治すには、「心」への働きかけが有効であることを理解していました。肉体の病気を癒すには、心の治療が欠かせないことを知っていたのです。一方、世間では「信仰治療」という言葉をよく耳にします。医者や知識人は「信仰治療」という言葉をある種の軽蔑を込めて用います。患者が入院中にある宗教の勧誘を受け、それを熱心に信仰するようになると奇跡的に病気が治った、というようなことが実際に起こることがありますが、これが信仰治療と言われるものです。信仰心が病気の治癒に大きな影響を及ぼしていることが分かります。

また「催眠術」によって患者に「健康になる暗示」を与えることによって、肉体の不調が改善されていくという事例が確認されています。「自己催眠」で、自分自身の心に「プラスの暗示」を与え、「プラスのイメージ」を繰り返し焼き付けることで、免疫機能の働きが実際にアップするということも分かっています。また見舞い客の「愛情のこもった励ましと慰め」が、病人を実際に癒していくような身近な事例も存在します。さらには「プラセボ(偽薬)」が暗示効果によって、実際の薬よりも効果を発揮する場合があることも確認されています。こうした多くの事例から、「心の力」が肉体の健康を想像以上に左右していることや、治療結果にきわめて大きな影響を与えていることが分かります。

現代医学はこうした「心の力」をすべて錯覚として排除してきました。「心の力」は西洋医学の理論の枠内に入っていないというだけの理由で認めようとしなかったのです。西洋医学は近代科学の隆盛にともなって地球上の主流医学になり、自分たちの理論の枠内に収まらないものを一方的に否定したり迷信扱いしたりしてきました。“自分たちだけが正しい”とするきわめて傲慢な態度を取り続けました。そうした態度は、軽薄な信者が少しでも病気が良くなると何もかも「神さまのお陰」と考える愚かさと共通しています。

これからの医学は、「心の力」を積極的に活用する方向に向かっていかなければなりません。それによってこれまで治すことができなかった病気を治す道が開けてくるようになるはずです。それは当然、医学の進歩と向上を意味します。これからの医学は唯物医学の看板を棄て、「心の力」を重視する医学を目指さなければなりません。

「暗示」「催眠」「プラセボ」「信仰」「励ましの言葉」「プラスのイメージ」――これらには共通点があります。それは病人の「心の力」を引き出しているということです。その結果として、肉体の病気が癒されることになります。しかしこれまで「心が肉体を癒すメカニズム」は大きな謎とされてきました。心身相関医学でも、どうしたら「心の力」を引き出せるようになるのか、「心の力」の発動スイッチを入れられるようになるのかを解明しようとしてきましたが、依然として未解明のままです。いまスピリチュアリズムの霊的知識によって、初めて「心の力」のメカニズムが明らかにされることになりました。

人間の構造と、「霊の心」

「心の力」の発動メカニズムを知るためには、まず人間の身体構成の全体を知る必要があります。「心」は人間の構成要素の一部を占めているからです。

この図は、スピリチュアリズムによって明らかにされた身体観を示しています。人間は肉眼で見える「肉体」と、肉眼では見えない「霊体」という2つの身体が重複した構造となっています。霊体と肉体の間には、半物質(半幽質)からなる中間部分があります。霊視能力者には肉体を覆っているカバーのように見えますがこれが「中間体」で、見方によっては霊体と肉体の間にある一つの身体のように映ります。霊体と肉体はこの半物質の中間体によって結び付けられ、両者は中間体上にある接点これが古来、チャクラと言われてきたものの正体です)を通してエネルギーのやり取りをしています。

一方、霊体には、意識活動をする部分があります。これが「霊の心」です。死んで肉体(脳)を失っても、「霊の心」があるため、霊界でも地上と同じように意識活動・思考活動をすることができます。また肉体にも意識活動をする心のような部分があります。これが「本能」で、「肉体の心」と言うことができます。本能は脳から生じ、その意味では本能は脳の産物ということになります。本能は肉体の心として、肉体の生命活動の維持と繁殖を担う司令塔のような役割を果たします。本能は人間と同じような肉体を持つ他の動物にもあり、この点で人間と動物は共通要素を持っていることになりますしかし動物には人間のような「霊の心」も「霊体」もありません)

人間は次元の異なる要素から構成されていますが、それらは同一の場所に存在しています。霊体と肉体は同じ場所にあり、さらに「霊の心」と「本能」も同じ場所にあります。地上人には「霊の心」と「本能」の2つが「一つの心」として感じられるようになっています。したがって大半の地上人は、自分の思考が「霊の心」からのものなのか、あるいは肉体本能からのものなのかを区別することができません。「霊の心」と「本能」は全く別のものですが、それを感じ分けることができないのです。

「霊の心」の中心部、最も次元の高いところに「霊」が存在します。「霊」は人間の一番の本質部分で、本我・真我と言えます。「霊」は神(大霊)から分離した分霊で、ミニチュアの神と言うこともできます。

以上が私たち地上人の構造ですが、「霊の心」は人間を構成する重要な要素の一つであることが分かります。「霊の心」は、「霊」に次いで重要な構成要素なのです。

「霊的エネルギーの循環システム」と「霊の心」の役割

人間の身体において、「霊の心」がどういう位置にあるかが分かりました。この「霊の心」の役割や働きを理解するためには、さらにもう一つの理論(霊的知識)を知っておく必要があります。それが人間内部の霊的エネルギーの流れ、「霊的エネルギーの循環システム」です。霊的エネルギーが人間を構成するすべての要素を循環することによって、生命活動が維持されるようになっています。霊的エネルギーは生命エネルギーの元になるもので、霊的エネルギーの循環が不順になると全身が不調和状態に陥り、生命エネルギーが低下します。その結果、病気が発生するようになります。

次の図は霊的エネルギーの循環システムを示したものです。

「霊」は、宇宙を満たしている神のエネルギー(霊的エネルギー)を取り入れます。「霊」は神のエネルギーの取り入れ口、魂の窓の役割を果たしています。霊的エネルギーを取り入れることで、「霊」自体が活性化します。「霊」を満たした霊的エネルギーは「霊の心」に流れ込み、そのエネルギーレベルを高め、「霊の心」を活性化します。つぎに「霊の心」を満たした霊的エネルギーはステップダウンして「霊体」と「本能」に流れ込み、それぞれを活性化します。「霊体」を満たした霊的エネルギーはさらにステップダウンして、霊体と肉体の接点を通って「肉体」に流れ込み、肉体のエネルギーレベルを高めます。一方、「本能」に流れ込んだ霊的エネルギーも、そこから「肉体」本体にステップダウンして肉体を活性化します。

以上が霊的エネルギー循環システムの説明ですが、これから分かるように「霊の心」からは「霊体」と「肉体本能」という2つの異なる部分にエネルギーが送られます。「霊の心」は、2つの身体へ霊的エネルギーを供給するポンプの役割を担っているのです。「霊の心」→「霊体」→「肉体」、「霊の心」→「本能」→「肉体」という2つのルートを通じて、最終的に肉体に霊的エネルギーがもたらされることになります。「霊の心」に異常がある人は、霊的エネルギーの循環が不順となり肉体のエネルギーレベルが低下します。そのため肉体に備わった「生体維持機能」が十分に働かなくなり病気が発症することになりのです。

「心の力」が肉体を癒すメカニズム――「心の力によるヒーリング」の治療理論

心(精神)が肉体を癒すことは体験的に知られてきましたが、現在では治療の現場(*心身相関医学)でもその「心の力」が利用されるようになってきました。しかしそのメカニズムについてはほとんど解明されていません。そもそも「心」とは何かが明らかになっていないのですから、「心が肉体を癒やすメカニズム」が分かるはずがありません。幸いなことにスピリチュアリズムによってもたらされた霊的知識によって、これまで謎とされてきた「心の力」について説明することが可能となりました。先に述べた「人間の構造」と「霊的エネルギーの循環」という霊的知識は、「心が肉体を癒すメカニズム」の解明に重大な手がかりを与えています。スピリチュアリズムが明らかにした「心が肉体を癒すメカニズム」とは、次のようなものです。

「心の力によるヒーリング」の具体的な方法は、催眠術や暗示・信仰・プラセボ・プラスのイメージ・希望を与える言葉・愛情などです。これらは患者の「霊の心」に刺激を与え活性化し、「霊の心」につながる「本能」や「肉体」の生命エネルギーのレベルをアップさせます。その結果、自然治癒力が引き出させれ、肉体の異常(病気)が正常化します。これは「患者みずからが病を癒す」というホリスティック医学の大原則をまさに実践する治療法であり、「心が肉体を癒す」「精神が肉体を治療する」ことを実証するものです。

催眠術や暗示などによって患者の「霊の心」に刺激が与えられて「霊の心」がそれに反応すると、「霊の心」は「霊」から一時的に大量の霊的エネルギーを引き出し、自らを活性化させるようになります。ここまでのプロセスがうまくいくと、「霊の心」は霊体と本能へ多くの霊的エネルギーをもたらし、肉体の生体エネルギーのレベルをアップさせることになります。その結果、肉体の健康維持のために神が準備された「生体維持機能(ホメオスタシス・自然治癒力・免疫機能)」が正常に働くようになります。

以上が「心の力によるヒーリング」のメカニズム、「心が肉体を癒す」マインド・キュアーのメカニズムです。もう一度整理すると次のようになります。

<「心の力」が肉体を癒すメカニズム>
  • 「霊の心」への刺激
  • 「霊」からの霊的エネルギーの引き出し
  • 「霊の心」のエネルギーレベルのアップ(「霊の心」の活性化)
  • 霊体・本能への霊的エネルギーのステップダウン
  • 肉体の生体エネルギーレベルのアップ
  • 生体維持機能の正常化
  • 肉体の異常(病気)の治癒

プラスの暗示・プラセボ・催眠術・プラスのイメージ・信仰・愛のある言葉などが、しばしば「霊の心」を刺激して活性化し、肉体の病気を癒すことになります。ヒーラーという特別な霊能者がいなくても、奇跡的な治癒が引き起こされることになるのです。

「霊の心」が活性化する人としない人

「心の力によるヒーリング(マインド・キュアー)」のメカニズムが理解できました。理論上は「霊の心」を刺激することによって、誰もが肉体の病気を治すことができるということになりますが、実際には「心の力によるヒーリング」によって奇跡的に病気が治る人がいる一方で、全く反応が起こらない人もいます。また少し良くなっただけで、完治からは程遠いという人もいます。

「心の力によるヒーリング」によって奇跡的に完治するような人は、現実にはそれほど多くはありません。しかし世間では、奇跡的に治癒した一部の人間のことばかりが大げさに取り上げられます。それを聞いた人は、「心の力によるヒーリング」によって誰もが奇跡的な治癒が得られると勘違いしてしまいます。スピリチュアル・ヒーリングでもそうですが、奇跡的治癒が起きるようなケースはそれほどあるわけではありません。しかし、メディアや書籍が一部の成功例を大々的に取り上げるため、誰でも病気が治ると錯覚し、結果的に希望を打ち砕くことになってしまいます。

「心の力によるヒーリング」は、患者の「霊の心」が活性化するかどうかが“成功・不成功”の分かれ目となります。同じ霊的刺激を与えても、心が活性化する人としない人がいます。「心の力」の発動スイッチがONになる人と、ならない人がいるのです。スイッチが入る人は奇跡的な治癒を体験することになりますが、スイッチが入らない人は何の治癒反応も起こりません。「心の力」の発動スイッチの問題は、現在の心身医学でも大きなテーマになっています。心の作用によって免疫機能が向上したり低下したりすることは分かっています。「心の力」が働くスイッチをONにできれば病気は確実に治癒しますが、どうすればスイッチがONになるのかがよく分かっていないのです。

実はこの「心の力」の発動スイッチの問題は、摂理の支配と深く結びついています。これまで病気の発生と治癒には「神の摂理(カルマの法則)」が関係していることを述べてきましたが、「心の力によるヒーリング」にも全く同じことが当てはまります。何とかスイッチをONにしようともがいてもどうしても入らない人がいる一方で、それほど苦労しなくても簡単にスイッチが入る人がいます。それは本人のカルマが深く関係しているからなのです。

病苦の体験によって病気の原因となっているカルマが精算されると、患者は「病気が治る時期」を迎えることになります。すると意識に変化が訪れ、霊的世界との結びつきを求めるようになります。ある人はスピリチュアル・ヒーリングに関心が向き、ある人は心の力によるヒーリングに興味を持つようになります。霊的なものへの関心は多くの場合、「霊の心」が活性化する前兆と言えます。関心を向ける対象が、これまでのような物質的なもの・この世的なものから霊的な世界に変化することは、まさに「霊的覚醒」の到来を意味しています。それによって「気(心)が病を癒す」と言われてきたようなことが発生するようになります。心が深いところから変化するという状況は、意志とは無関係に生じるものなのです。どれほど自分の心を変えたいと願っても、思い通りにはなりません。「カルマの清算」という霊的変化がともなわないかぎり、心の持ち方が根本から変わることはなく、霊的覚醒も生じません。

以上が、心の力によるヒーリングによって奇跡的に治る人がいる一方で、何の反応もない人がいるのかについての理由です。そこには摂理の働きが大きく関係しているのです。すべての病気は原因があって発生し、しかるべき条件が整って治癒が起きるようになります。この「カルマの法則(摂理)」の支配に例外はありません。病苦によって病気の原因となっていたカルマが消滅した場合には、スピリチュアル・ヒーリングでも、心の力によるヒーリングでも奇跡的な治癒が生じることになります。「病気が治る時期」がきていた場合には、「心の力によるヒーリング」がきっかけになって、全身の霊的エネルギーの循環が正常化されるようになるのです。

「心が根本から変わらなければ病気は治らない」「ガン患者には共通の心理的傾向がある」とよく言われますが、こうした言葉は病気とカルマの法則の関係を示しています。「心が根本から変わる」ということは「霊的覚醒」を意味しており、それは人間にとって達成するのが最も困難なことなのです。少しばかりの努力では心は変わりません。多くの場合、どん底の苦しみを体験をしたとき初めて、心が深いところから変化するようになります。深い悲しみの体験によって大きく心が変わったようなときには、「病気が治る時期」を迎えている可能性があります。病気を感謝して受け入れられるようになったときには、カルマが消滅して病気が自然快癒する時期を迎えているかもしれません。

「ある宗教を信仰するようになったら奇跡的に病気が治った」という話を聞いた病人が、その宗教にすがったからといって、病気が治るわけではありません。新興宗教では“自分たちの宗教を信じると奇跡的に病気が治る”と言って布教活動をしますが、それは事実ではありません。病気が治るのは、その人間の個人的な霊的事情によるものであって、宗教の教義とは無関係なのです。

「心の力によるヒーリング」を上手に利用

「心の力によるヒーリング」は正式なスピリチュアル・ヒーリングとは言えませんが、スピリチュアル・ヒーリングと併用しても何の問題もありません。それどころか上手に併用することで、むしろ治療の幅が広がるようになります。その意味でヒーラーの皆さんには、ぜひ積極的に取り入れていただきたいと思っています。

とは言っても、「心の力によるヒーリング」に過大な期待を寄せることは禁物です。どこまでも補助手段としての位置づけが必要です。ヒーラーが「心の力によるヒーリング」を利用する際に忘れてはならないことがあります。それは「心の力によるヒーリングは、病気が治る時期がきている人の場合には癒しのきっかけになることがあっても、時期がきていない人(カルマが残っている人)の場合には効果は現れない」ということです。

霊的観点から見ると、心の力によるヒーリングは「霊の心」の表面を引っかくようなもの、「霊の心」の表面に刺激を与える程度のものでしかありません。心の力によるヒーリングは、霊的成長やカルマの解消といった「霊の心」の本質には関わっていないため、病気を根本的に解決する方法にはなりえないのです。

カルマの解消という深い霊的な問題は、すべて本人の「霊的成長」と関係しており、それは長期間にわたる苦難の体験や自己克己の努力・利他愛の実践を通してのみ達成されるようになっています。「霊的成長」には深い内面の変化がともないますが、「心の力によるヒーリング」によって生じる一時的な心の高揚や興奮は、心の表面に限定された変化にすぎません。催眠や暗示や宗教への入信による急激な心の変化が治癒をもたらすことがあっても、それは深いところから「霊の心」を変えるものではないため、やがて病気がぶり返すようになります。特に催眠術には注意が必要です。物事の解決にはほとんど役に立たないどころか、一歩間違えるとマイナスの結果(肉的本能の刺激・低級霊の憑依)を引き起こすことになってしまいます。