2)霊界人が待ち望む「犠牲精神」と「高い精神性」を持ったスピリチュアル霊能者

こうした状況の中で、もし地上人が霊能者になろうと決意し、霊能力開発の道を歩み始めるとするなら、霊界人がそれを見逃すはずはありません。霊界から全力でその人間を導き、立派な霊能者にするために懸命に働きかけます。これまでスピリチュアリズムの発展を願う霊界の人々は、自分たちの道具となる優れた霊能者を育てるために多大なエネルギーと時間を費やしてきました。

霊界人が求めるのは、どこまでも「霊の道具」となるスピリチュアル霊能者です。霊体に備わっている能力(サイキック能力)を発現させるだけの霊能者ではダメなのです。まさに「霊の道具」として人生のすべてを捧げ、霊界の人々とともにスピリチュアリズムのために働くことができる霊能者です。ただのサイキック霊能者ではなく「真のスピリチュアル霊能者」――それもできるだけ質の高いスピリチュアル霊能者でなければなりません。自己犠牲を厭わず、無私無欲になってスピリチュアリズムという大義のために、すべてを捧げ尽くして歩む「本物の霊能者」なのです

シルバーバーチは、次のように述べています。

「もっともっと多くの人材――これが私たちの大きな叫びです。いつでも自我を滅却する用意のできた、勇気と誠意と率直さにあふれた男女――霊力がふんだんに地上世界へ降下して人生を大霊の意図された通りに豊かさと美しさと光輝にあふれたものにするためなら、いかなる犠牲をも厭わない人材がほしいのです。私たちの仕事は、人生意気に感ず、の気概なくしてはできない仕事です。その仕事の尊厳に誇りを覚えて全身全霊を打ち込むようでなくては成就できません。」

霊性進化の道しるべ(スピリチュアリズム普及会)p.115~116

一方、『霊訓』の通信霊インペレーターは、霊界の求める人材・スピリチュアル霊能者について次のように述べています。

「いつの時代にも自己犠牲こそが聖賢の最大の徳でした。その時代に相応した進歩的真理を掲げた預言者たちは皆、我欲を滅却して使命に生きた人たちでした。聖書に名をとどめるユダヤの指導者たちは、無私の純粋さを持って誠実な人生を送りました。特にイエスは、その地上人生を通して使命のための最高の自己犠牲と誠実さを身をもって示した偉大にして崇高な模範でした。イエスの中に、人類の全歴史を通して最大限の、人間の可能性の証を見ることができます。

この世より誤りを駆逐し真理の光をもたらせる人々は皆、己に課せられた使命のために無私と献身の生活を送りました。(中略)こうした真理の先駆者、進歩の先導者は皆、無私無欲の人物――我を張らず、尊大ぶらず、自惚れることを知らない人々でした。一途な誠実さ、使命への献身、自己滅却、私欲のなさなどの美徳を最高に発揮した人々でした。それなくしては彼らの仕事が成就されることはなかったでしょう。もしも私欲に捉われていたならば、その成功はありえなかったことでしょう。謙虚さと誠実さと一途さがあればこそ成就することができたのです。

私たちが求める人材とは、そのような資質の持ち主です。情愛にあふれ、誠実にして己を出さず、しかも真理を素直に受け入れる性格、一途に神の仕事だけに専心していっさいの地上的打算のない性格を持った人物です。そうした麗しい魂の持ち主はめったにいません。しかしあなたには、平静さを常に保ち、誠実で一途な哲学者のような心の持ち主になっていただきたいのです。愛の思いにあふれ、寛容な心を持ち、いついかなる時にも率先して人々に救いの手を差し伸べる博愛主義者の精神を持っていただきたいのです。さらにはいっさいの報酬を求めない神の僕としての無欲な心を持ってほしいのです。神聖で崇高な仕事は、そうした心の持ち主以外には、成就することはできないのです。」

霊訓(完訳・下)(スピリチュアリズム普及会)p.68~69

シルバーバーチとインペレーターの言葉から、自己犠牲を厭わない霊能者・高い精神性を持った霊能者を待ち望んでいる霊界の人々の思いが、よく伝わってきます。